2018/08/06

instars




先月、暑い熱い二日間、無事にインスターズ2018が開催されました
暑い中お越しくださった皆様、お手にとってご覧くださった皆様
改めて、
本当にありがとうございました。

同時に受注販売させていただいたオンラインにも
たくさんの方がご来店くださりとてもありがたく
胸がいっぱいの1日でした。

受注受付させていただいたお洋服のお届けも無事に完了して
(お待ちくださった皆様、ありがとうございました!)
また少しずつ、コツコツ
製作して販売ができたらいいなと思っています。



思えば2年前、第二子で双子を出産して
育児に奮闘している間にあっという間に数ヶ月が過ぎ
その間、codamariは育休という形で販売はお休みさせていただいて
久しぶりの販売が 昨年の6月のインスターズでした。
すごくドキドキしながらもワクワクが止まらなくて
服作りができる喜びを感じていたのを覚えています

この時に、気持ち新たに!と、今までのネームタグではなく
織りネームを発注して、その数300枚
使い切ることがあるだろうかと思いつつも
イベントもその後も
コツコツ製作を続けて、お手にとってくださる方がいて
ノンストップで作り続けてきました。  
小さな二人は体調を崩すことがよくあったけど
その度に手を止めて寄り添って
時に、ちょっと無理して保育園に行ってもらった日もあったり
夜寝ている間にと徹夜が続いたり
たくさん、たくさん作りました。

気がつくと、今回のインスターズでそのネームタグを使い切るという
サンプルも含めてですが 新たにスタートをした昨年の6月から
300着
なんだか節目のような一区切りのような
一人感慨深くなったと同時に、
一度、足を止める時間を設けたいと思いました。

一番は、今しかない子供との時間を大切に過ごしたいという想い
同じくらい、作る以上、妥協はしたくない想いもあって

子育てをしながらパパママが感じる葛藤なのだろうと思うのですが
3人の子育てをしながらの
私のペースというものを模索するためにも少し気持ちの休憩を。

今までのようにはいかない部分を受け入れて
今できる形で、きちんとした物作りができるペースや方法はどんな形か
考え直したいと思います。




codamariの原点はいつも我が子との時間であり
一緒に過ごす時間があって、作りたいものが自然と浮かび形にしたくなる
そして感じる、かわいい♡愛おしい♡の幸せが、繋がるんだと信じて
”ママの手作り”でありたいなと思うのです

なんにしてもエゴでしかないですが;
しばらくはペースダウンしながら
数はたくさんではないけれど、手にとってくださった方に喜んでいただける
物作りをしていきたいと思っています。 
お知らせもなく販売させていただくたびにご覧くださっている方がいたり
販売を楽しみにしてくださっている声に本当に励みをいただいています。



今の気持ちを綴って、なんだかすっきりと。


今後ともcodamariをどうぞ宜しくお願いします